News

Magento vs Shopifyどちらがいいの?2019年版

MagentoとShopifyはどうちがう?どちらを選ぶべき?という内容の記事を2年前にアップしているのですが、今でも同じようなタイトルの英語記事ををよくみかけます。

先日もググっていたら目にして、同じようなタイトルばかりだなあ、、、と最初はスルーしかけたのですが、2019年の最新版ということだったので、一応目を通してみたところ、ライターがストアーオーナーやデベロッパーに「本当のところ、このふたつについてどう思う?」ときいた回答が載せられていて、私たちがまさに言いたいことが的確に述べられていたので、シェアします。

ひと月10万以上が訪問する、製品・サービス販促ブログの作り方

先日、日本のコンテンツマーケティング(製品を紹介する記事を書いたり、ブログをポストすることでサイト訪問者を獲得する手法)について友人と話す機会がありました。日本のあるオンラインショップが、コンテンツマーケティングの大成功により急成長したという話だったのですが、友人と話した後、アメリカのコンテンツマーケティングに関する記事をブログに書きたいなと思っていたところ、ちょうどいいものを見つけたので紹介します。

外国人向けオンラインショップで検討すべき、6つのカード決済サービス (Magento対応)

顧客と銀行の仲介役となる決済代行サービス。この仲介役がいい仕事をしないと、顧客にお店を気に入ってもらうことができず、ショップオーナーにとって痛手となります。
適切な決済代行サービスを使うことはオンラインショップの成功の鍵をにぎる要素の一つ。短期、長期のビジネスゴールにあったサービスを使うことが大切です。そして安全性、快適さ、機能性、価格ニーズにあったものを選びましょう。

WooCommerceとShopifyはどうちがう?どちらがいいの?

オンラインショップ構築にあたり、Shopify(ショッピファイ)かMagento(マジェント)かWooCommerce(ウーコマース)か、この3択で迷われる方が多いと思います。

以前、ShopifyとMagentoについて書いたので、今回はWooCommerceがどんなものか説明したいと思います。ちなみに当社ではWooCommerceでのサイト構築は基本的に行っていません。というのもWooCommerceでのサイト構築にメリットが感じられないためです。

Amazon FBA

Amazon FBAを使ってアメリカで在庫管理する

shopifyやmagentoを使って自社オンラインショップを開設するとなった際、在庫の管理、発送をどこでするか、日本から発送するのか?それともアメリカで在庫管理をするべきか?と迷われると思います。 今回はAmazonを使ってアメリカで在庫を管理する方法をご紹介します。 実はAmazonのFBAセンターに在庫を置くと、Amazon以外で販売した商品の発送も可能なんです。このサービスはマルチチャネルフルフィルメント(MCF)と呼ばれています。もちろんeBayとの連携も可能です。

コンバージョンを改善する8つの方法

コンバージョンを改善する8つの方法

オンラインショップを運営している方のほぼみなさんがご存知だと思いますが、売上の方程式は「売上 = 転換率 × 集客数 × 客単価」となります。この「転換率」が「コンバージョンレート」と呼ばれていて、サイトに訪れたユーザーのうち、何人が商品を購入するか?という指標になります。売上をあげるためにはこのコンバージョンレートを改善すること大切です。
アメリカアマゾンサイトで「コンバージョンを改善する8つの方法」という英語記事をみつけたのでご紹介します。

ShopifyとMagentoどうちがう?どちらがいい?

MagentoとShopifyはどうちがう?どちらを選ぶべき?

アメリカで自社製品を売りたいという方にまずお話するのが、オンラインストアのプラットフォームについてです。日本国内向けですとEC-CUBEやMakeShop、カラーミーなどのことです。そのプラットフォームですが、アメリカでは現在ShopifyとMagentoが二強と言われていて、この二つは大きな違いがあるにも関わらずよく比較をされます。Magentoは歴史が古く以前から人気があるのですが、そこにShopifyが台頭し、現在Magentoの最大の競争相手と言われています。